不動産広告の見方|ワンルームマンションなどの不動産を売却する際の注意点
レディ

ワンルームマンションなどの不動産を売却する際の注意点

不動産広告の見方

インテリア

名東区で不動産を購入する際に用いたい情報媒体としては、インターネットや情報誌があります。インターネットは手軽に扱うことができて非常に便利です。情報誌もコンビニなどで配布されていることがあり、多くの場所で目にすることでしょう。それらと並んで有効活用していきたい媒体が広告です。名東区においても様々な不動産広告が目に入ることでしょう。
不動産広告を参照する際に知っておきたいこととして挙げられるのは、規約です。名東区の各所に配布されている不動産広告には、表示方法などについていくつかの規約があります。それは消費者保護の観点から定められているものになります。その規約について確認しましょう。一つ目は、宅地建物取引業法による規約です。広告の開始時期などに関する規約があります。二つ目は、不動産の表示に関する公正競争規約というものです。広告の表示方法に関する規約が定められています。
では、名東区で多く見られる広告の規約に沿った見方についてお伝えします。一つ目として定められているのは、新築・中古の別に関する表示です。建築後一年未満かつ未入居のものに対して「新築」と表示されることが定められています。それ以外の物件は「中古」と表示されることが定められています。二つ目として定められているものは駅までの距離に関する表示です。徒歩の表示であれば、駅から数えて80メートルを1分として計算されています。その際、信号待ちや坂道による減速といった考慮は特にありません。
この他にも広告の見方は様々な規約によって定められています。規約を知ることで、広告の情報をより正確に読み取ることができるでしょう。